ゆったりとくつろぐ

ガッツポーズの作業員

住宅が老朽化した時の対応には二通りに選択肢があります。
一つは老朽化した家を解体して新たに住宅を建設することです。
建て直しですから建蔽率や容積率の制限や斜線の制限を除けば自由にプランを練ることが出来ます。
部屋割りも自由に設計が出来ますが、値段は高くなります。
現在は人手不足と資材の値上がりの影響で新築のコストが増加しています。
もう一つの選択肢がリフォーム工事です。
古い住宅を建設した時期にもよりますが、旧耐震の建物であれば地震の発生に備えて補強工事をしなければなりません。
最近はリフォーム工事の技術も進んで来ており、かなりのことが出来るようになりました。
しかしながら、構造的な問題で、柱や壁を取り払えない部分があるという制約があります。
リフォーム工事を行う時の工夫次第で、新築と同じような効果を得ることが出来ます。
住んでみて新築と同じ感覚を味わえるのです。
リフォームをする時には思い切って部屋割りをすっかり変えてしまうことです。
浴室やキッチンの位置を変えると家全体の雰囲気が大きく変わります。
雨戸時の開け閉めは面倒くさいですし大変なので、電動シャッターを採用します。
省エネルギーを考えることが重要です。
照明は出来る限りLED照明を採用します。
最近はインテリアとしても使えるものがありますし、金額的にも以前より大幅に下がってきています。
トイレは節水型を採用します。
水量は少ないですが、常に洗浄をするのでトイレ掃除の回数を減らすことが出来ます。